レジで小銭のやりとりをしなくていいから

私にとってクレジットカードはなくてはならない相棒みたいなものだ。
決して浪費癖があるわけではない、どちらかというとケチケチした性格の私だが、カードで買い物することはやめられない。
なぜかというと、レジで小銭のやりとりをしなくていいからだ。
昔はサインが必要な場合も多かったが、サイン不要で買い物できる店がどんどん増えてきてますます便利になった。
昔は、大きな買い物をするときだけカードを使うようにしていたけど、
数年前からそんな縛りも一切なくなり少額でもカードが使える場合はほぼクレジットカードを利用している。
いまどきの人気のクレジットカードは即日発行にてGETすべし。ネットでカードの申し込める、便利だ。
そんな私は、カードを使用するたびに、使用した金額をパソコンのエクセルで作った表に入力している。
一応月の使用金額を把握するためだ。
カードの請求が来てからうろたえないためにも、使用金額はリアルタイムで把握している。
使いすぎ防止にもなる。使用金額を自分できちんと管理できる人であれば、
クレジットカードはポイントもつくしとても便利でお得だと思う。
私はカードのポイントだけで、化粧品関係ほぼ全てを賄えている。
クレジットカードをただやみくもに怖がる必要は全然ないと思う。
日用品をカードで購入するだけでもポイントはたまるし、これからも計画的に賢くカードと付き合っていきたい。

たとえば月に20万円の収入の方が毎月クレジットカードで30万円使い続けていれば収入をクレジットカード利用金額がうわまわってどんどんとマイナスになっていくことになるのです。そして利用限度額がなければ支払えるような見込みのないような多額の金額を利用できて、カード利用者はとても大きい負債を抱えるようになってくるのです。そしてカード会社もカード利用代金の回収が困難になってきて、限度額設定がされているといったことはとても大事なことです。そして、クレジットカードの利用可能額を自分が自由に使えるお金だと錯覚してしますようなことがあったり、利用額を管理できていないことが原因で陥るカード破産といったトラブルもたくさん発生しているのです。また自分の収支をしっかりと把握して月あたりの利用額をしっかり意識しておきましょう。そして限度利用額は最初はいっぱいに設定されていて、50万円が限度額のカードのときには、月当たりの利用限度額は50万円ということになるのです。そしてこれは自分で設定しなおしてみることも可能です。そして、これはカード会社に申請する必要もあって、審査が必要となり、給与明細や源泉徴収票の収入を証明できるような書類が大事です。